ここから本文です

神保町花月の“Dance×Rock×時代劇”、第2弾は「ダンシング幕末絵巻」

6/20(木) 10:30配信

ステージナタリー

「ダンシング幕末絵巻-疾風の壬生狼-」が、7月5日から7日まで東京・神保町花月で上演される。

【写真】「ダンシング幕末絵巻-疾風の壬生狼-」チラシ裏(メディアギャラリー他1件)

本作は、昨年2018年に上演された「ダンシング戦国絵巻 -覇王 織田信長-」に続く、“Dance×Rock×時代劇”の第2弾。新撰組を中心に、幕末に起こるさまざまな人間ドラマがダンスに乗せて繰り広げられる。

脚本・演出は、前作に引き続きはらぺこペンギン!の白坂英晃が担当。村潤之介(てのりタイガー)、ハザマ陽平(イシバシハザマ)、おもしろ佐藤らが出演する。

■ 「ダンシング幕末絵巻-疾風の壬生狼-」
2019年7月5日(金)~7日(日)
東京都 神保町花月

脚本・演出:白坂英晃
出演:村潤之介(てのりタイガー)、ハザマ陽平(イシバシハザマ)、おもしろ佐藤、LOVE、はぎちゃん(シャインハッピー)、エンドウコウキ、俵山峻(スクールゾーン)、松本勇馬(スカイサーキット)、YUTARO(カントリーテール)、ヒラノショウダイ、細いとメガネ、コロウカン、細川優、森碕ひろか

最終更新:6/20(木) 10:30
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事