ここから本文です

【一問一答】一翔「このベルトをチケットに他団体のチャンピオンと戦いたい」

6/20(木) 8:30配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級王座決定戦」(19日、幕張メッセ)

 WBO世界スーパーフライ級王座決定戦で同級2位の井岡一翔(30)=Reason大貴=が同級1位のアストン・パリクテ(28)=フィリピン=に10回1分46秒TKO勝ちし、日本男子初の4階級制覇を達成した。今回の勝利が世界戦15勝目。具志堅用高を抜いて日本選手単独最多ともなった。17年12月31日に一度現役を引退し、18年9月に復帰。さまざまな苦難を乗り越えた男が、日本ボクシング史に新たな歴史を刻み込んだ。

  ◇  ◇

 -ベルトの感触は。

 「いろんな意味で重たいですね。このベルトを取るために、大みそか悔しい思いして、またチャンスが巡って来て、このベルトを取ることだけを考えて生きてきたので、自分でも4階級制覇というのは、復帰してからも簡単ではない、大みそかの続きを、こういうふうに意味があると証明できたので、一つの4階級のストーリーができたんじゃないかと思います」

 -10回、最初に効かせたパンチは。

 「たぶん右ストレートのカウンターだと思う。右ストレートを警戒されて、合わせるのが難しかったですけど、だんだんリズムに乗れて、最後あのパンチが当たって効いたって分かった瞬間、ここしかないと思ってまとめました」

 -日本初の4階級制覇。思い描く景色は。

 「死に物狂いでこのタイトルを取ったので、このWBOのベルトをまた海外に行くチケットとして、海外の他団体のチャンピオンと戦いたいです」

 -統一戦か。

 「はい」

 -中盤からリズムに乗った。

 「最初は思ったより我慢比べだった。7回くらいかな相手が連打してきて、勝負に来たなと、ここで打ち勝たないと勝てないなと、僕も覚悟を持って打ち合った。そこで下がらず打ち合えたことで、相手も気持ちが折れたかな」

 -今だから言えるしんどさは。

 「プレッシャーでしょう。もう一度ボクシングに足を踏み入れた以上、後戻りはできないし、口だけで終われないんで、リングの上で証明するしかないし。ただならぬ気持ちで人生を懸けてやるって言ってたので、負けれないという相当なプレッシャーがあった」

 -目に光るものが見えた。

 「試合前からいろんな感情が込み上げてきて、すごく奮い立つものは常にあった。結果で感謝を示す気持ちでした」

最終更新:6/20(木) 9:56
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事