ここから本文です

ノルウェー中銀、0.25%利上げ 9月に追加利上げの公算

6/20(木) 17:41配信

ロイター

[オスロ 20日 ロイター] - ノルウェー中央銀行は20日、政策金利を1.00%から25ベーシスポイント(bp)引き上げ1.25%とした。国内経済の堅調を背景に今年後半と2020年に追加利上げする計画を維持した。

ロイターのエコノミスト調査でも29人中27人が1.25%への利上げを予想していた。

オルセン総裁は声明で「われわれの現在の見通しおよびリスクバランスの評価によれば、政策金利を今年さらに引き上げる可能性が高い」と表明した。

さらに記者会見では今年9月と来年前半に利上げする公算が大きいとした。

ノルウェー中銀は昨年9月に2011年以来初めてとなる利上げを実施。3月にも利上げを行った。

米連邦準備理事会(FRB)と欧州中央銀行(ECB)はいずれもここ数日で金融緩和の検討を示唆しており、ノルウェー中銀が引き締めを目指していることは対照的となる。

ノルデア・マーケッツのエコノミストは顧客向けリポートで「ノルウェー中銀は金利見通しを引き上げ、次回の利上げは早ければ9月に行う可能性が高いことを示唆した」と指摘した。

中銀が新たに示した見通しは2020年に追加利上げが行われる確率を引き続き示しているものの、その確率は3月に示した見通しからは小幅に低下した。

利上げ決定を受けてノルウェークローネは上昇。0802GMT(日本時間午後5時02分)時点で対ユーロで1%高の1ユーロ=9.6780クローネ。

*内容を追加しました。

最終更新:6/21(金) 0:53
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事