ここから本文です

広島、会沢がサヨナラ打 6点リード追いつかれ嫌な展開も執念打

6/20(木) 21:42配信

デイリースポーツ

 「交流戦、広島7-6ロッテ」(20日、マツダスタジアム)

 広島は執念のサヨナラ勝ち。6点リードを守り切れず嫌な展開だったが、九回2死満塁で会沢が左前打で決めた。

【写真】会沢 二回には8号ソロ

 中盤までは理想的な展開だった。初回は1番・遊撃で初スタメンのドラフト1位・小園が左前打で出塁。チームに勢いを呼び込むと、西川の適時三塁打などで2点を先取した。

 さらに六回までに会沢、西川、鈴木の3本塁打などで6点をリード。だが、継投策で逃げ切りを図った七回から雲行きが一変。七回、2番手の一岡、中村恭がトータル4安打を浴びて4失点。八回はレグナルトが無失点でしのいだが、九回にフランスアが踏ん張れず。2死二、三塁から藤岡の左前適時打で同点に追いつかれた。

 最大6点のリードを守り切れず、6回無失点と好投した床田の勝ち投手の権利も消滅。嫌なムードが漂ったが、九回に会沢がつまりながらも左前に落とし、何とか決着をつけた。

 首位巨人とのゲーム差0・5をキープ。田中広のフルイニング出場は635試合でストップした。

最終更新:6/20(木) 22:04
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事