ここから本文です

天海祐希、4年ぶり『マネもの』復活「一緒に涙を流して笑って」

6/20(木) 5:00配信

オリコン

 女優の天海祐希が27日放送のフジテレビ系バラエティー『コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの』(後10:00)に出演。2014年6月にスタートし、過去4回放送された同番組が、4年ぶりに復活する。モノマネ大好きタレントの小堺一機と関根勤、そして天海が、新しい人材を発掘することにこだわりながら、いま一番気になっている“モノマネ芸人=マネもの(真似者)”を、さまざまな切り口のベスト3で紹介。天海は「この番組の面白さ、楽しみ方は、見てくださる方がお分かりだと思います。私は今回、本当に楽しませていただきました。視聴者の皆さんも一緒に涙を流して笑ってください」と呼びかけている。

【写真】親子そろって会見に出席した関根勤&麻里

 過去の放送では、みやぞんや横澤夏子、ジャガーズの“ジャニーズJr.のモノマネ”などを発掘。今回はコロッケや原口あきまさ、友近、中川家といった実力派から、モノマネ界の原石である超若手まで、さまざまな“マネもの”がモノマネを披露する。さらに番組ラストには、恒例となる、小堺と関根の新作モノマネが初公開される。

 今回、紹介されるベスト3は、“情熱大陸の中居正広”といった『インタビューベスト3』と“買い物をする哀川翔”といった『実際に見かけた普段の有名人ベスト3』。平泉成のモノマネでおなじみの、お笑いタレント・末吉くんが新境地を見せる『司会者ベスト3』に、ロバートの秋山竜次と友近が、とにかく好きなことをやる『日常の風景ベスト3』、コロッケがテレビ初披露かもしれないモノマネを全力で披露する『全力ものまねベスト3』、ジャガーズがジャニーズ以外のモノマネで登場する『そんなワケないだろベスト3』など一瞬のインターバルも挟むことなく、怒とうのモノマネラッシュが続く。

 このほかにも声域がハイトーンのモノマネばかりを集めた『高周波ベスト3』や関ジャニ∞の錦戸亮のモノマネなどの『45度なら似ているベスト3』、“プレデターの呼吸音”といった『地味ベスト3』、“ストリートファイターのキャラクターになった沢口靖子”といった『クラスの人気者が後ろでやるものまねベスト3』、“昔はモテたと言いはる母の卒業アルバム”といった『静止画ものまねベスト3』など斬新すぎるラインナップで、司会の3人を呼吸困難状態にさせる。

 久々の復活に小堺は「万々歳でしたね。この番組は、特に若手が僕らだと想像ができないようなアングルでやってくるので、本当に楽しみにしていました。放送が決まってヤッター!と思いましたね」と大喜び。関根も「僕と小堺くんは、モノマネで出てきた人間なので、やはりモノマネというのは、とても大切な芸の1つです。それを、みんなが、さまざまな形でやっているというのが嬉しくて…放送が決まって本当に嬉しかったですね」と待ち望んでいた様子。天海は収録を終え「もう笑いすぎて、疲れてしまいました。カロリーをすごく消費したと思います。本当にお腹の底から笑わせていただきました」と大満足の様子で語っている。

最終更新:6/25(火) 13:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事