ここから本文です

増田俊樹もパンツ一丁になって踊る姿に「すごく気持ちが分かるな」

6/20(木) 17:30配信

HOMINIS(ホミニス)

西暦3085年の火星を舞台に、クリス、べス、ダニー、ウォローの幼なじみの4人が、宇宙の平和を守るため、力を合わせて悪者を倒す姿を描く「ブレイベスト・ウォリアーズ」。本作は「アドベンチャー・タイム」のクリエーター、ペンデルトン・ウォードと、フレドレター・スタジオのタッグが制作するSFナンセンス・コメディーだ。

【写真を見る】特別番組ではクレーンゲームに挑戦した増田俊樹


7月28日(日)よりカートゥーン ネットワークで日本初放送される同作の吹替版には、増田俊樹、小松未可子、梅原裕一郎ら人気声優陣を起用。今回、放送に先駆けて主人公クリスを演じる増田俊樹に作品の魅力はもちろん、同日に放送される特別番組「増田俊樹のブレイベスト・チャレンジ!」についても聞いた。


――「ブレイベスト・ウォリアーズ」を初めてご覧になった際の印象をお聞かせください。


「単純に面白いなって思いましたね。吹き替え前の映像を見た際に台本を見なくても、どのような面白さをこのやり取りの中に入れているのかというのが、キャラクターの表情や彼らのやり取りの部分にすごく反映されているなと感じました」


――ご自身に一番近いと感じるキャラクターは誰ですか?


「自分が演じているクリスが、すごく近いと思います。インビジブル・ハイドアウトという基地で人間がクリスだけの状況で、彼はパンツ一丁になって踊るんですよ。その様子を見て、すごく気持ちが分かるなって思いましたね。 クリスにはコッパクーリという召し使いロボットがいて、僕はそのデザインが作中に登場するロボットの中で一番好きなんですけど、そのキャラクターと一緒の場面なので、一番思い出深い好きなシーンです」


――「増田俊樹のブレイベスト・チャレンジ!」でクレーンゲームに挑戦された理由は?


「僕は石が好きなので水晶を採りに行きたいと思ったんですけど、都内じゃ無理だって話になって(笑)。クレーンゲームはそんなに得意ではないんですけど、ゲームセンターにはよく通っていてストレス解消にプレイしますね。たまる物だと住んでいるところが手狭になっていくので、お菓子など残らない物を取るようにしています」


――もし、「どんな希望もかなえるので、好きなことに挑戦してください」と言われたら、どんなことにチャレンジしたいですか?


「家をつくりたいですね。設計士さんと、こういう感じの物を建てたいんだという相談から始まって...。全部、カートゥーンネットワークさんが出資してくださるんですもんね(笑)。好きな場所の土地の購入からお願いしたいです!」


――最後に、番組を楽しみにされている皆さんへメッセージをお願いします。


「いつどんな時に見ても、きっと笑っていただける作品になっていると思います。『最近、面白いことないな』と思っている方ほど、この作品を見てほしいです。それで面白いなって思ったら、いろんな方に勧めてほしいと思います。そして、『増田俊樹のブレイベスト・チャレンジ!』では、いろんな挑戦をしました。クレーンゲームに興味をお持ちの方も、そうではない方も、『ブレイベスト・ウォリアーズ』のキャラクター、その吹き替え声優の僕らもいろんなことにチャレンジしていることが伝わればいいなと思います」


文=中村実香 撮影=永田正雄

HOMINIS

最終更新:6/21(金) 11:50
HOMINIS(ホミニス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事