ここから本文です

【映像】エサを探すホッキョクグマ シベリアの工業都市で目撃

6/20(木) 11:36配信

AP通信

ノリリスク、ロシア、6月20日(AP)― 中央シベリア高原北西部のノリリスクで6月17日、異常なほどやせ衰えたホッキョクグマが、本来の生息地からはるか南の工業都市で食料を探す姿が目撃された。
 地元の野生生物専門家オレグ・クラシェフスキー氏が撮影した映像では、エサを探して疲れ果てたホッキョクグマの姿が見て取れる。それを一目見ようと市民が集まっているが、疲労しすぎているのか、ホッキョクグマには怖がる様子は見られない。
 同氏によれば、最後にホッキョクグマがノリリスクで目撃されたのは40年前だという。
 市当局は、住民にホッキョクグマに対する警戒を呼び掛けているが、捕獲して北方の生息地に戻すかどうか決めかねているという。
 ホッキョクグマを含む極北に生息する野生生物は、海水温の上昇により狩猟場所が縮小した結果、エサを求めて南下せざるをえない状況に追い込まれている。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:6/20(木) 11:36
AP通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事