ここから本文です

アメリカのフランチャイズビジネス、トップ10[2019年版]

6/20(木) 20:12配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

どのフランチャイズに加盟するのがベスト?

専門家によると、どのようなフランチャイズビジネスを探しているか次第。だが、アントレプレナーマガジン(Entrepreneur magazine)にはリサーチを始めるためにぴったりなリストがある。

【全写真を見る】アメリカのフランチャイズビジネス、トップ10[2019年版]

同誌は最近、毎年恒例の「フランチャイズ500」のリストを発表した。このリストは、コスト、フランチャイズフィー、成長のチャンス、本部のサポート、ブランドの強みといった要素を分析し、どのフランチャイズが将来のフランチャイジー(加盟店)に最も選ばれるのかを算出したもの。

フランチャイズ業界の専門家、ジョエル・リババ(Joel Libava)氏は、フランチャイズ500や他の同様のリストは、あくまでも指針として捉えるべきと警告している。例えば、飲食業の経験も興味もない人がマクドナルドに加盟することは不適切。

「リストを出発点として用いるのは良いが、鵜呑みにしてはいけない。自分で調べる必要がある。なぜなら、アントレプレナーマガジンにとってはトップ・フランチャイズでも、あなたにとって、そうとは限らない」とリババ氏は述べた。

とはいえ、フランチャイズ500のようなリストは、フランチャイズビジネスへの参入を考えている人にとって、良いキッカケ。リストの投資額にはフランチャイズフィー、不動産・設備等にかかる開業費用が含まれている。

アントレプレナーマガジンによるアメリカのフランチャイズトップ10[2019年版]を見てみよう。

10位 セブン-イレブン(7-Eleven)
投資額 : 4万7000~120万ドル

9位 ジャージー・マイク・サブ(Jersey Mike's Subs)
投資額 : 23万7000~76万7000ドル

8位 グレートクリップス(Great Clips)
投資額 : 13万7000~25万8000ドル

7位 プラネットフィットネス(Planet Fitness)
投資額 : 97万~420万ドル

6位 カルバーズ(Culver's)
投資額 : 200万~470万ドル

5. UPSストア(The UPS Store)
投資額 : 16万9000~39万8000ドル

4位 タコベル(Taco Bell)
投資額 : 52万5000~260万ドル

3位 ソニックドライブイン(Sonic Drive-In)
投資額 : 86万5000~360万ドル

2位 ダンキン(Dunkin')
投資額 : 22万9000~170万ドル

1位 マクドナルド(McDonald's)
投資額 : 110万~220万ドル

[原文:The top 10 franchises in America in 2019]

(翻訳:仲田文子、編集:増田隆幸)

最終更新:6/20(木) 20:12
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事