ここから本文です

三菱の新型軽eKのおすすめはクロスのターボ。顔は不思議と見慣れる?

6/20(木) 10:01配信

carview!

eKクロスの顔はデリカD:5の単なる軽版ではない

三菱自動車の新型eKワゴン/eKクロスに試乗した。忙しいあなたのために数行で結論を申し上げると、動力性能や快適性の面でスズキ、ダイハツ、ホンダが激戦を繰り広げている軽自動車最前線で十分に戦える内容が備わっていた。日産とのコラボを活用して獲得した同一車線運転支援システム「マイパイロット」の分だけ他社にないアドバンテージも得た。

>>eKクロス フォト集<<

eKワゴン/eKクロスは三菱がアライアンスを組む日産とジョイントベンチャーで設立したNMKV(Nissan Mitsubishi Kei Vehicle)が開発したモデルだ。主要部品を共有する兄弟車の日産デイズもそう。三菱版も日産版も三菱の工場で製造される。先代も同じ図式だったが、先代は三菱側の社員が中心となって開発したのに対し、新型は日産側の社員が中心となって開発したという。

目をそらした瞬間に思い出せなくなりそうなeKワゴンの顔つきに対し、eKクロスのそれは夢に出てきそうなくらいに主張が強い。まずはeKシリーズ最大の特徴であるeKクロスのデザインについて、大石聖二デザインプログラムマネージャーに話をうかがった。

--デリカD:5を思わせるフロントマスクですが、並行してデザインが進んだのでしょうか?

大石:そういうわけではありません。”ダイナミックシールド”という弊社が掲げるデザイン上のキーワードに沿ってそれぞれにデザインした結果です。弊社のデザインは大きく分けてふたつの潮流があります。ひとつは歴代パジェロのデザイン、もうひとつは歴代ランエボのデザインです。eKクロスには、パジェロのようにバンパーを強調した守ってくれそうなデザインと、ランエボのようにフロントマスクの中央部をブラックアウトしハイパフォーマンスを感じさせるデザインを盛り込みました。

--目立つこと自体を目的とはしていない?

大石:あくまでもForm Follows Function(形態は機能に従う)の考え方にのっとってデザインしています。例えば、低い位置に配置したヘッドランプは、ドライバーの目線よりもずっと低い位置から照らすほうが視認性がよいからです。さらに縦に3つ並んだランプのうち一番下がハイビームです。これは対向車が感じるまぶしさを減らすのに役立ちます。

1/4ページ

最終更新:6/20(木) 10:01
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事