ここから本文です

梅沢富美男「俺が酒の席で勘三郎さんにぶちキレた理由は……」

6/20(木) 7:00配信

LEON.JP

俺が酒を覚えたのは16くらいだったかな。劇団の先輩に飲みに連れて行かれてね。50年以上前の話なんだから、もう時効だよな。昔だったら元服の歳だし(笑)。何度か言ってるけど、酒も親公認だよ。お袋が「実際に酔っ払ってみないと、酔った芝居は出来ない」っていう考え方だったからね。

それから、ず~っと酒は飲んでるし、たぶん強いほうなんだろうな。好きなのはスコッチ。ずっと銀座でロックを飲んでますよ。家でも飲みますね。女房と長女は飲めないけど、たまに次女とふたり人でレモンサワーを。今レモンサワーの妖精もやってるからね(笑)。

自分が二十歳になった時のことは今でもはっきり覚えてる。何でもすぐ忘れちゃう方なんだけど、あの日のことははっきりと覚えてるね。成人式の日に、ひとりで銀座に行ったんです。それで「ニュートーキョー」って、当時も今も有名な大きなビヤガーデンがあってさ、そこでビールとソーセージを頼んで、乾杯しましたよ、ひとりでね。

「よし。俺は東京で今日から大人になったぞ」って。で、帰ってお袋に「俺、今日、成人式だったんだ」ってちょっと思いを込めて報告したら、「あ、そう」って、そっけないの(笑)。まぁ、俺はずっと前から舞台に立ってたし、親としてはすでに大人として認めていたんだろうね。

酔っ払って記憶がないんで……なんて卑怯なんだよ

今は若いころみたいには飲めなくなったな。それでも、公演の時は終演後に劇団員と必ず食事に行くから、その時には飲みますよ。どういう酒かって? 仕事の話はあんまりしないね。特にダメ出しなんかはしない。酒を飲みながらの説教なんて一番やっちゃいけないと、俺は思ってるからね。

俺はやられましたよ。メシ食う席で、1時間くらい立たされてグチュグチュグチュグチュ……と(笑)。先輩が同じ話を何度も繰り返すのよ。だって、言う方は酔っ払ってるからね。最後には何で怒られてるか分かんなくなってたもん(笑)。だから、「俺はえらくなってもこういうことはやめよう」と誓ったんです。

自分は酒飲んで前後不覚になるようなことは、まず、ないね。そりゃあ、若い頃はありましたよ。でも、だんだんと我慢することを覚えた。いわゆる“酒に飲まれる”ってことはありません。これ以上飲んだらダメだなってところでやめる。やめられないで失敗するヤツをいっぱい見てきたからね。

酔っ払ってガラが悪くなるヤツいるでしょ? 次の日、それ言うと「いや~、酔っ払っちゃって」なんてヘラヘラしてるの見ると腹立つね。飲まないと大人しいのに、酒の力で気持ちが大きくなるんでしょうね。それで、全部酒のせいにする。責任とれないことはするなって言いたいね。「酔っ払って記憶がないんで……」なんて卑怯じゃないですか。だから、俺は誰と酒を飲んでも変わらない。みの(もんた)さんと飲むことが多くて、相当な量を飲みますけど酔っ払ったことないですね。量? ウイスキー2、3本は空くかな(笑)。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 7:00
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事