ここから本文です

園児の使用済み紙おむつ保育所で処分へ 持ち帰り見直し 名古屋市

6/20(木) 9:34配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 名古屋市は19日、公立保育所で園児の使用済み紙おむつを保護者が持ち帰るというルールを見直すことを明らかにしました。

 名古屋市の公立保育所では、布おむつの頃の名残や持ち帰ったおむつを見て子どもの健康状態を確認できるなどの理由から、使用済みの紙おむつは持ち帰ることが決められていました。

 名古屋市議会で市は「保護者や保育所の負担軽減につながるとして、公立保育所での処分導入に向け早急に進めていく」と答弁しました。

 名古屋市によりますと、政令指定都市では7都市が保育所で処分しているということです。

 河村たかし市長は「すぐできるでしょう。1か月でやれるでしょう」と述べました。

 市は今後、回収頻度や臭い対策などの検討をし、来年度にも保育所で処分できるよう進めていきたいとしています。

中京テレビNEWS

最終更新:6/20(木) 9:34
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事