ここから本文です

村人のペットだったオランウータン 野生に戻る インドネシア

6/20(木) 10:18配信

AFPBB News

【6月20日 AFP】インドネシアのスマトラ島アチェ(Aceh)州で18日、かつて村人にペットとして飼われていたスマトラオランウータン(Sumatran Orangutan)の雌2頭が野生に戻された。

 シナモン色の縮れ毛のエレイン(Elaine)は、後ろを振り返って保護施設の職員を見つめてから森に消えた。スマトラオランウータンは絶滅の危機にさらされている。

 5歳のエレインと4歳のReipok Rereは、アチェ州の村人のペットとして飼われていたが救出され、リハビリセンターと「森の学校」で約2年、保護から独立して生きていく方法を学んできた。
 
 アチェの自然保護当局によると、2頭が戻されたピヌス・ジャント森林保護区(Pinus Jantho Forest Reserve)には、捕獲されていたが救出されその後自由になったオランウータン約120頭が暮らしている。

 インドネシアでは、プランテーションの労働者や村人がオランウータンを害獣とみなして攻撃することで知られている。密猟者がオランウータンをペットとして売るため捕獲することもある。

 映像は18日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:6/20(木) 10:18
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事