ここから本文です

「スマホ育児」を考える -1歳10ヶ月の息子にiPhoneを与えた夫、叱るべき?ー

6/20(木) 12:30配信

ファンファン福岡

 スマホで幼児向けの「あやしアプリ」や「YouTube」などの動画を見せることで、少しの間我が子をおとなしくさせているママ・パパは意外と多いのではないでしょうか。

⇒【人生相談】育児を手伝わない夫にイライラする妻たち

 例にもれず泣きじゃくった息子のグズり対策に、自分のスマホでyoutubeを見せていた夫。そんなスマホ頼りイクメンの夫が遂に、お古のスマホを1歳10ヶ月の息子に持たせてしまったお話です。

スマホイクメンの夫は、絵本の読み聞かせもyoutube頼み。
「かお かお どんなかお」や「ねないこだあれ」など、読むのがとても簡単な絵本でさえ、それらが朗読されている動画をyoutubeで息子に見せています。

しかし、だからと言って、そんな夫を厳重注意できないでいる私。
なぜなら、夫が育児を手伝ってくれなくなることの方が、私にとっては恐ろしいことだからです。

オッパイという最強のグズり対策アイテムを持たない夫にとって、イヤイヤ期真っ只中の息子をあやすのは至難の業。
抱っこはもちろん、高い高いもダメ、お馬さんもダメ。
パパならではの遊びを駆使しても、息子が泣き止むことはありませんでした。

ところが、そんな夫に、神様から救いの手が差し伸べられたのです。
それが、スマホです。

ある晩、泣きじゃくる息子を放置してyoutubeで動画を観ていたという夫。
その画面を黙って覗き込んできたのが、息子とスマホとの運命の出会いだったそうです。

静かになった寝室を覗きこんだ私の目に飛び込んできたのは、仲良くスマホでウサビッチの動画を楽しむ夫と息子。
私がリビングで家事をしている間に、夫と息子はずっとyoutubeを観ていたというのです。

「泣き止んだんだからオッケーでしょ!」と、鼻高々の夫。
しかし、youtubeを観ている息子は全く寝ないどころか、逆にテンションアップで夜更かし状態。
いつの間にか寝落ちしているので夫は楽に寝かしつけができるわけですが、それがいいとは到底思えません。

とは言え、スマホを取り上げれば、元通りギャン泣きを始める息子。
中々、夫を叱れないまま日々は過ぎていきました。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 12:30
ファンファン福岡

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事