ここから本文です

磐井川でクマ目撃 一関・萩荘【岩手】

6/20(木) 10:15配信

岩手日日新聞社

 19日午前11時ごろ、一関市萩荘字脇田郷付近の磐井川で、ツキノワグマ1頭が目撃された。連絡を受けた市は西磐猟友会や一関署とパトロールなどを実施し、地域住民に注意を呼び掛けている。

 市によると、ツキノワグマは成獣とみられ、脇田郷浄水場前の磐井川を同市萩荘側から同市山目側に渡った。近くを通り掛かったタクシー運転手が目撃し、猟友会の知人を通じて市に連絡した。

 地元の猟友会や同署による現地確認とパトロールのほか、市の広報車での巡回、防災無線からの注意喚起が行われた。山目、萩荘、赤荻、中里の市内各地区にある学校や保育施設、商業施設に対しては情報提供され、このうち山目小は臨時に集団下校とし、教職員や市職員が見回り警戒した。

 市は20日も引き続き登下校時間帯を中心に巡回する予定。市農地林務課は被害防止に向け、「夜間や明け方の外出は控え、なるべく複数で行動してほしい。餌になるような生ごみは適切な処理を。もしクマと出合ってしまったら背中を向けて逃げずに、ゆっくりと後退すること」としている。

最終更新:6/20(木) 10:15
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事