ここから本文です

<高校野球>埼玉栄―浦和実ゾーンの見どころ 浦和実、浦和学院、市川越、埼玉栄など揃う激戦区

6/20(木) 7:40配信

埼玉新聞

 第101回全国高校野球選手権埼玉大会の組み合わせ抽選会が19日、さいたま市大宮区のさいたま市民会館おおみやで行われ、出場152チーム(163校)の対戦カードが別表の通りに決定した。新調された優勝旗と令和元年の夏の王者を争う。

<高校野球>152チーム対戦決定 春日部共栄、初戦は所沢 浦和学院34年ぶりノーシード 組み合わせは

 2回戦から登場するシード勢の初戦は、Aシード春日部共栄が所沢、同じくAシード浦和実が本庄、Bシード山村学園が蓮田松韻、同じくBシード東農大三が本庄東と、それぞれ顔を合わせる。Cシード花咲徳栄は杉戸農の挑戦を受ける。34年ぶりのノーシードとなった浦和学院は初戦の2回戦で東野と戦う。

 総合力では秋春王者の春日部共栄がやや上だが、浦和実、山村学園、東農大三、昌平など投手力の充実したシード校や、打力では頭一つ抜けている花咲徳栄、ノーシードとはいえ、昨夏の甲子園8強のメンバーが多数残る浦和学院など実力校がひしめく今大会を展望する。

■埼玉栄―浦和実ゾーン

 投手力が充実する浦和実や浦和学院、市川越のほか、埼玉栄など実力校の多い激戦区となった。浦和実は先発豆田とエース三田の両右腕を中心に守り勝てるか。4回戦で対戦しそうな浦和学院も下薗、永島の両左腕と右腕美又ら好投手ぞろい。両校の対決となれば、激戦になることだろう。

 その勝者を5回戦で待ち受けるのは市川越か。エース左腕和田に制球力と球のキレが戻ってきた。埼玉栄は北口、和田ら好打者が並ぶ打線が魅力だ。上尾―慶応志木の2回戦は好カード。

最終更新:6/20(木) 7:58
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事