ここから本文です

土砂災害に備え情報伝達訓練 5段階の新たな警戒レベルの運用も 香川

6/20(木) 16:57配信

KSB瀬戸内海放送

 梅雨や台風に備え、香川県が土砂災害に対する情報伝達の訓練を行いました。

 訓練は、大型台風が香川県に接近したという想定で行われ、香川県や高松地方気象台、県内の8市9町から約80人が参加しました。この訓練の目的は、「正確かつ確実な情報伝達」です。県庁に水防本部を設置して河川の水位の上昇や土砂災害の危険性についての情報をとりまとめます。

 今回から、今年運用を開始した内閣府の警戒レベルのガイドラインを取り入れました。各市町が危険レベルを5段階で示し、避難情報を発令します。

(香川県 河川砂防課/角谷政彦 副主幹)
「県民の皆さまは早め早めに自分で情報収集していただいて、逃げるようにしていただけたらと思います」

最終更新:6/20(木) 16:57
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ