ここから本文です

無残にも船体に開いた穴、襲撃された日本のタンカーを撮影

6/20(木) 9:49配信

ロイター

オマーン沖で13日に攻撃された日本の国華産業が運航する「コクカ・カレイジャス」。右舷側に穴が開いている様子が撮影された。米海軍に同行取材したロイターの映像。19日に撮影された。

米国は攻撃の背後にイランがいると非難。今回、吸着型機雷の破片を9個回収。イランの機雷に酷似している、という

これまでにイスラム革命防衛隊が不発機雷を取り除いている場面とする映像や、取り除く前の機雷とみられる写真などを公開している。

  日本の運航会社は「飛翔物体」による攻撃としているが、中央海軍司令部はこうした見方を退けている。ナレーションなし。

最終更新:6/20(木) 11:35
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事