ここから本文です

ららぽーと沼津が10月オープン

6/20(木) 22:19配信

静岡朝日テレビ

県東部最大級の商業施設ららぽーと沼津が、10月4日にオープンすることが正式に決まりました。沼津周辺の経済にどんな影響があるのしょうか。

三井不動産商業施設本部・山上真吾統括:「2019年10月4日、沼津市東椎路地区にららぽーと沼津をグランドオープンします」

10月4日にオープンが決まったららぽーと沼津は、敷地面積約12万平方メートル、県東部最大級の大型ショッピングモールです。

モール内には、地元の老舗水産会社佐政水産が企画した海産物などをそろえた市場と、深海魚料理などを食べられるダイニングが併設されるほか、有名ラーメン店や人気セレクトショップなど県東部初出店の118店を含む、全214店のテナントが入ります。

施設中央に設置されたこの吹き抜けの広場では、様々なイベントが開かれる予定です。また年齢ごとに分けられた無料のキッズスペースを設けるなど、ファミリー層の呼び込みにも力を入れています。

ららぽーと沼津は、JR沼津駅から約2.5kmの距離にあり、片道1時間圏内を商圏と捉えています。

施設が面する国道1号バイパスの渋滞対策のため、沼津市中心街から入場する右折レーンを30mから130mに拡張しました。

人口減少や経済の停滞が深刻な沼津市。地元商店街はむしろこの出店を歓迎しています。

沼津仲見世商店街振興組合・渡井篤紀理事長:「1日何万人が市内外問わず集まる。ららぽーとのオープンを沼津全域の活性化につなげるきっかけにしたい」

三井不動産商業施設本部・山上真吾統括:「わくわくするというか、どきどきするというか。そういった部分もお客様に感じてもらいながら、地域の方に愛される、なくてはならない施設を目指していきたい」

最終更新:6/20(木) 22:19
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事