ここから本文です

ホンダ「モンキー」に新色追加! 遊び心を刺激する爽やかなブルーの登場で3色展開に

6/20(木) 12:50配信

バイクのニュース

歴代モンキーの魅力を引き継いだ「モンキー125」

 ホンダは、歴代「モンキー」の特徴である「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」などの不変的な魅力を踏襲しつつ、楽しさをスケールアップした原付二種(第二種原動機付自転車)のレジャーモデル「モンキー125」に新色を追加し、7月26日に発売します。

ホンダ「モンキー」の画像を見る

「モンキー125」は、「モンキーZ50M」より引き継がれているスタイリングを踏襲しつつ、現代の使い勝手に合わせた進化を図るため、扱いやすく燃費に優れた空冷4ストロークOHCの125cc単気筒エンジンを搭載しています。
 
 趣味性が高く、所有感を満たすモデルである「モンキー125」は、スチール製クロームメッキ仕上げの前・後フェンダーやマフラーカバーなどを採用し、12インチのブロックパターンタイプのタイヤを採用することで個性と力強さを演出します。

 剛性感のある倒立フロントフォークや、「モンキー」シリーズのアイコンの一つであるクッション性に優れたシートの採用とあいまって、快適な乗り心地としなやかさを兼ね備えた扱いやすい操作フィールを実現しています。
 
 新しく追加された「パールグリッターリングブルー」のボディカラーは、遊び心を刺激する爽やかさを演出するもので、継続色の「パールネビュラレッド」「バナナイエロー」と合わせて、全3色のカラーバリエーションとなりました。

「モンキー125」及び「モンキー125ABS」の価格(消費税込)は39万9600円からで、国内年間販売計画台数は5000台となっています。

バイクのニュース編集部

最終更新:6/20(木) 16:08
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事