ここから本文です

今年もニュルブルクリンク24時間が始まる。日本勢の活躍にも期待

6/20(木) 17:02配信

J SPORTS

今年も“グリーンヘル”にクルマを愛する人々が集まる。

6月20~23日、ドイツのニュルブルクリンクでADAC・トタル24時間レース=ニュルブルクリンク24時間レースが開催される。1970年が初開催で、他の24時間レースに比べると伝統という面では劣るが、完全にドイツの“お祭り”としてのステータスを確保しており、今年も決勝日は好天が予想されることから、多くのファンがキャンプをしながらレースを楽しみそうだ。

さて、すでにサーキットではレースに向けた準備も進められており、ドライバーたちも続々ニュルブルクリンクに到着している。このレースはF1やWECで使用されるグランプリコースと、1927年に建設された今年もトップカテゴリーはSP9=GT3カーのクラスで、王者マンタイ・レーシングのポルシェ911 GT3 Rを中心に、メルセデスAMG、アウディ、BMWとドイツ車勢による熾烈な戦いが展開されそうだ。

そしてそこに割って入りそうなマシンも数多くあるなか、大いに注目したいのが、SP9クラスに参戦するふたつの日本チーム。まずひとつめは、スーパーGTやスーパーフォーミュラで活躍する、近藤真彦監督率いるKONDO RACINGだ。今季、長年の夢だったニュル24時間参戦を決め、日産GT-R NISMO GT3とヨコハマタイヤという組み合わせで参戦する。ドライバーはトム・コロネル/松田次生/藤井誠暢/高星明誠という4人だ。

もう一台は、こちらもスーパーGTで活躍するレーシングプロジェクトバンドウが、長年ニュルにレクサス車で参戦してきたNOVEL Racingと組み投入するレクサスRC F GT3。こちらもヨコハマタイヤを履き、RC F GT3の豊富な経験とニュルの経験をあわせもつ吉本大樹、ドミニク・ファーンバッハー、そしてマルコ・シーフリード、ミハエル・ティシュナーという4人が乗り込む。

この2台は、当然ながらニュルは初挑戦(GT-Rはこれまでも参戦したことがあるが、2018年モデルでは初)。当然ニュルはそう簡単に攻略できるコースではないため参戦してすぐに優勝……とはいかないだろうが、ひさびさに最高峰クラスに日本からのチャレンジャーが挑むことは、筆者としては長年待ち続けたことだけに、大いに応援したい。ちなみに、今季2台が履くヨコハマタイヤはドライで非常に速いそうで、こちらも楽しみにしたいところだ。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 17:02
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ