ここから本文です

工藤静香「人前で声を出すのは恥ずかしいから…」 子ども時代にひとりでしていた楽しみとは

6/20(木) 12:07配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「VOLVO DESIGN YOUR LIFE」。6月15日(土)のオンエアでは、工藤静香さんが登場。最近ハマっているガーデニングや子どもの頃の趣味を話しました。

人前で声を出すのは恥ずかしいから…

工藤さんは、自らの子ども時代を「変わっていた」「わりと暗めだった」と振り返ります。人見知りが激しく、幼稚園の先生が変わると「一ヶ月ほど話せなかった」とも。そんな工藤さんが、幼い頃にしていた遊びとは?

工藤:花を見るのが好きで、家の裏庭に咲いていたスミレやキキョウを見たり、近所の砂場の上にあった藤棚が風に揺れているのを見るのが大好きでした。でも、小学生になったらガラッとアクティブになりました。
渡辺:習い事はしていましたか?
工藤:ピアノもやっていました。友だちがやっていることを、とりあえず一緒にやる感じでしたね。コーラスとか剣道もやっていました。
渡辺:歌うようになった原点はどんなところに?
工藤:原点はたぶん、学校の校歌でしたね。みんなで歌うのが好きというよりは、帰り道の誰も聞いていないときに、ひとりで綺麗に歌ってみるということをやっていました。人前で声を出すのは恥ずかしいから、ひとりになったときにめちゃくちゃ一生懸命歌っていました。「さらに綺麗な声はないかな」と思いながら。

工藤さんが中学の頃によく聴いていた音楽は、シンディ・ローパーです。アルバムが買えなかったため、友だちの兄に借りて、家でかけていました。番組では、工藤さんの思い出の曲、シンディ・ローパーの『True Colors』をオンエアしました。

2年ぶりのサーフィンは…

工藤さんが今、一番楽しみにしていることはガーデニングです。今の季節は「ハーブがすごく元気」ということで、ハーブが入ったハーブウォーターをスタジオに持ってきてくれました。

工藤:自家製でプランターにもあるものです。
山田:ハーブが花ごと水に入っていますね。
工藤:自分で発酵させてつくったオレンジの酵素が、水に入っています。

さらに、普段の生活についても訊きました。昼は誘われて出かけることがあるものの、夜は全く出かけない、と明かします。

工藤:若いときに飲み切ったんでしょうね(笑)。バブル全盛期の頃はクラブとかに行って、うるさくてお話すら聞こえないから、お互いに近寄らないといけなかったですよね。近寄るために行くのかなと思うほどで、すごく疲れちゃうんです。

先日、久しぶりに楽しんだサーフィンについても教えてくれました。

工藤:サーフィンを2年ぶりにするとダメでした。ボードに乗ってクロールみたいに手をかくことを「パドリング」っていうんですけど、あれがうまくできないんです。やってみても、後半になってくると、自分の手が自分の手じゃないような感覚になりました。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 12:07
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ