ここから本文です

JA岡山西の男性職員が800万円を着服 同級生の通帳を再発行し現金引き出す

6/20(木) 18:39配信

KSB瀬戸内海放送

 JA岡山西の男性職員が、顧客の定期貯金から800万円を着服していたことがわかりました。

 JA岡山西によりますと、倉敷市の支店に勤めていた30代の男性職員は顧客である同級生の通帳を無断で再発行しました。そして、その通帳を使って2012年4月から2014年1月までの間、定期貯金を5回にわたり解約し、総額500万円を引き出したということです。
 また、同じ同級生から預入目的で預かった300万円も着服しました。

 6月4日に顧客が通帳を店に持参したところ、残高がないことがわかり男性職員の着服が判明しました。男性職員は着服した800万円を宝くじを買う遊興費や生活費などに使ったということです。

 男性職員は、全額を弁済していてJA岡山西では刑事告訴はせず、男性職員を処分する方針です。

最終更新:6/20(木) 18:43
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事