ここから本文です

サッカー南米一=コパ・アメリカ座談会2

6/20(木) 8:07配信

ニッケイ新聞

日本のグループCは強敵ぞろい

【井戸】日本はグループCに入り、初戦でチリ(17日、サンパウロ市モルンビ競技場)と、2戦目でウルグアイ(20日、ポルト・アレグレ)と、3戦目でエクアドル(24日、ベロオリゾンテ)と戦います。
【沢田】前回大会優勝チリは、主力の高齢化が激しいし、去年のロシアW杯の出場も逃してから、戦力アップされた形跡が見られない。
【井戸】未だにヴィダル(FCバルセロナ)とサンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)頼みですね。
【沢田】この大会はグループリーグで4チーム中3位でも3分の2の確率で決勝トーナメントに行けるんだ。3試合で1勝1分1敗でも十分に可能性がある。
【井戸】チリとエクアドルからなんとか勝ち点をもぎとれれば8強入りも可能です。
【沢田】ただ今回は、いろんな事情で、経験の少ない若手ばかりだってことまで、日系人の方々は詳しくない。
【井戸】1勝も出来なかったら、「14年W杯と一緒か。情けない」と言われてしまいますね。なんとか1勝、出来れば決勝トーナメント行きを勝ちとってほしいです。
【沢田】失うものの無い日本は、初戦に全精力を注ぐべきだよ。初戦の結果次第で勢いが全く違ってくる。
【井戸】最終エクアドル戦もチャンスですね。ロシアW杯予選で出場権をとれなくって、その後もぱっとしません。
【沢田】さっきのセレソン展望でもとりあげたウルグアイは、3カ国の中では最強だね。日本は昨年勝っているけど…。
【井戸】その試合のメンバーは柴崎と中島しかいません。試合会場は、ウルグアイからも近いリオ・グランデ・ド・スル州。ウルグアイ人が相当チケット買っていて、既に地元警察も警戒しているとか。
【沢田】大量のウルグアイ人に取り囲まれての試合かぁ。怖そうだね…。

同じアジアから、カタールも参戦

【井戸】さて、これまで語ってこなかったけど、注目している国として、僕はカタールをあげたいです。失礼ながら、「カタールはオイルマネー目当てで呼んだだけ」と思っていましたが、今年初めのアジアカップ、なんとカタールは日本を決勝で3対1で破って優勝しているんです。
【沢田】カタール代表は、国内リーグ2強のアル・ドゥハイルと、アル・サッドのほぼ連合軍。両チームはクラブチームのアジアの大会で上位に残っている強豪だし、期待は出来るよ。
【井戸】カタールは組み合わせがキツイんです。グループBには、アルゼンチン、コロンビア、パラグアイ。ただ、再三言いますが、この大会は、グループ4チーム中3位になっても3分の2の確率で、8強入りですのでがんばって欲しいです。
【沢田】カタールだけ8強入りして、日本がそれを逃したりして。
【井戸】それだけはご勘弁を…。

2/3ページ

最終更新:6/20(木) 8:07
ニッケイ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事