ここから本文です

市川署屋上に遺体 複数回相談の男性か

6/20(木) 12:12配信

千葉日報オンライン

 19日午後3時5分ごろ、市川署の7階建て庁舎から突き出た2階部分の屋上で、30代ぐらいの男性が血を流し、あおむけの状態で倒れているのを庁舎の耐震工事を行っていた業者が見つけた。搬送先の病院で死亡が確認された。同署で男性が死亡した詳しい経緯を調べるとともに身元確認を進めている。

 同署によると、男性の所持していた診察券に書かれている名前が2016年以降、署に複数回相談に訪れていた男性と一致。19日午後0時半ごろにも同署を訪れていたが、相談の受け付けを済ませた後に姿が見えなくなっていたという。

最終更新:6/20(木) 12:12
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事