ここから本文です

なでしこジャパン、最終節でイングランドに敗れて2位通過…課題抱え決勝Tへ/女子W杯

6/20(木) 5:50配信

GOAL

顔を合わせるのは4大会連続

女子ワールドカップグループステージ第3節が19日に行われ、日本代表(なでしこジャパン)とイングランド代表が対戦した。

なでしこジャパンはすでに決勝トーナメント進出を決定済み。イングランドも突破を決めているため、若干のメンバー変更が見られた。なでしこジャパンは横山久美、小林里歌子が先発に入っている。

4大会連続の顔合わせとなったが、序盤から積極的な入りを見せたのはイングランド。日本は後手を踏んで押し込まれる展開が続くと、14分にはエレン・ホワイトがスルーパスに抜け出し、日本のゴールネットを揺らす。

なおもイングランドが攻勢をかけ、GK山下杏也加にセーブを強いていく。逆に日本は前線で起点が作れず、なかなかいい形ができない。

34分には1本のロングパスからイングランドに決定機。レイチェル・デーリーのシュートはなんとか山下が手に当てた。結局、日本はリズムをつかめないまま、前半を終える。

後半に入っても好機はイングランドに巡ってくる。山下の好守で耐え抜き、日本は三浦成美、菅澤優衣香を投入してチャンスをうかがう。

すると、菅澤のポストプレーを中心に日本はゴール前でのプレーが増え始め、徐々にイングランドの運動量も落ちていく。

しかし、そんな矢先に追加点が生まれる。84分、再びスルーパスで抜け出したホワイトが今度は左足でニアを抜き、決定的な2点目を奪う。

結局、試合はそのまま0-2で終了し、なでしこジャパンは今大会初黒星を喫した。2位通過の日本の決勝トーナメント1回戦の相手はオランダかカナダとなっている。

■試合結果
日本 0-2 イングランド
■得点者
日本:
イングランド:エレン・ホワイト(14分、84分)

最終更新:6/28(金) 3:05
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事