ここから本文です

ゴールデンボンバー・鬼龍院翔、パンの食べ方が独特すぎる! 吉岡里帆も思わずツッコミ「クセが強い」

6/20(木) 12:07配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)。6月16日(日)のオンエアでは、ゲストにゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんをお迎えし、音楽のこと、高校時代の思い出、大好きなパンなど、さまざまな話題で盛り上がりました。

【画像】こちらはメイクあり! 鬼龍院翔、意外な告白…「夢も愛もない家庭だった」

ゴールデンボンバーのファンは元気

オープニングから「女々しくて女々しくてお馴染みの鬼龍院翔です!」とノリノリに登場した鬼龍院さん。「(番組に呼んでもらって)いいんですか? ドキドキしてます」とコメント。初めて会う吉岡はすっぴんの鬼龍院さんを見て「かわいい」とコメント。

鬼龍院:顔が何もないんですよ。
吉岡:かわいいです! 少年のよう(笑)。
鬼龍院:そう、すごい童顔なんですよ。
吉岡:ベビーフェイスですね(笑)。

現在、全国ツアー中のゴールデンボンバー。ライブ未経験の吉岡は興味津々です。

吉岡:ライブってどんな雰囲気なんですか?
鬼龍院:エアーバンドなので、みんな楽器を置いて盛り上げ役に徹する感じになるんですが、何よりお客さんの元気さが半端ないですね。
吉岡:やっぱりそうなんですね! 私もめっちゃ興味があります。
鬼龍院:お客さん元気ですよ。それで助けられています。

行ったことがない県を回るツアー

今回のツアーは、タイトルが『地方民について本気出して考えてみた~4年以上行ってない県ツアー~』とユニークです。どういう意味が込められているのでしょうか。

鬼龍院:アクセスが困難だったり、お人口が少ない県があって、そういうところはツアーのリストから外れていたりするんですよね。そういう県の方々に、そろそろ「行かないわけではないよ」ことを示さないといけないと思ったので、こういったタイトルで。逆に何年も行った県は省きました。逆に行きません。ここで東京でやってたら「何やってんだ! 言っていることが薄っぺらいぞ!」ってなっちゃうんでね。あえて最近行っていないとこだけのツアーをやっています。
吉岡:毎回、魅せ方がおもしろすぎる、アイディアが満載すぎることに驚かされます。どこからエネルギーが湧いているのでしょうか?
鬼龍院:音楽は中学のときから作曲に興味があるんですけども、もともと芸人を目指していたからか、音楽だけでやっても忘れられちゃう恐怖がどっかにあるんですよね。「(音楽だけで)盛り上げられる」という自信がないんですよ。音楽は全力でいいものを創っているつもりでいるけれども、それ以外にもステージでもっとやれることがあると思うと、変なことばっかやっちゃうんですよね。
吉岡:すごくファン思い。
鬼龍院:ファンのおかげで今がありますからね。

収録前の事前のアンケートでは「ファン心理」にいちばん興味があると答えた鬼龍院さん。いろんなジャンルのファンの方の特性を見るのが好きとのこと。

鬼龍院:なぜあのグループは結婚してもファンが減らないんだろうとか、男女混合のグループでも嫉妬されるグループと嫉妬されないグループがあるのはなぜだろうとか、ファン心理に興味があるんですよ。なので「ファン心理」とはゴールデンボンバーだけのファン心理を言っているわけではなくて、おもしろい学問として好きなんですよね。

ファン思いな鬼龍院さんがライブで絶対することは、最後に降ってくる銀テープを、「よかったら(皆で)分けてください」とインフォメーションで言うこと。

鬼龍院:テープを多く持っている人は、空気的に持ちづらくなるんでしょうね。話を聞く限りは、おのずと分け合ういい雰囲気になっているっぽいです。ファンの皆さんありがとうございます。
吉岡:(笑)。ライブ行きたいな。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 12:07
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事