ここから本文です

MVアグスタ「スーパーヴェローチェ800セリエ・オロ」価格345万6000円 日本導入時期や台数は? メーカーに聞いてみた

6/20(木) 17:00配信

バイクのニュース

流行にとらわれず「MV AGUSTA」らしい突き抜けたスタンス

 東京モーターサイクルショー2019でも話題を集めた「MV AGUSTA(エム・ヴイ・アグスタ)」のコンセプトモデル「SUPERVELOCE 800(スーパーヴェローチェ800)」が、「SUPERVELOCE 800 SERIE ORO(スーパーヴェローチェ800 セリエ・オロ)」となって、ほぼそのままの姿で市販されます。

MVアグスタ「スーパーヴェローチェ800セリエ・オロ」の画像を見る

 2020年3月より生産を開始し、世界限定300台、日本での価格(税込)は345万6000円と公表されました。日本への導入時期など、MVアグスタジャパン広報担当者にうかがいました。

──日本への導入時期はいつごろになりそうですか?

 正確なことは言えませんが、最短で6月頃だと思います。3月から生産開始といっても一気に300台つくるわけではなく、3月から5月くらいにかけて生産され、順次出荷されます。

 最初の完成車が日本へ来るとしたら、販売店へ納めることができるのは6月ごろだと思われますが、空輸か海上かにもよって変わりますので、現段階ではなんとも言えないところです。

──販売店からのオーダーや反響は?

 生産台数からすれば、割合としてはすでに結構な数をいただいています。世界限定300台のうち何台日本へ持ってこられるか……。

 たとえば2012年登場の「F3 675 Serie Oro」(315万円・消費税5%込み)は、世界限定200台のうち、日本へは55台納入されました。

「Serie Oro(セリエ・オロ)」はブランニューの初期型限定車のことで、1998年以降5モデル目になります。直近では2018年登場の「BRUTALE 1000 Serie Oro(ブルターレ1000 セリエ・オロ)」(594万円・消費税8%込み)になります。

 セリエ・オロを冠するモデルはなかなか登場しないということもあって、販売店やお客様からの期待も大きいようです。それは世界的にも同様で、受注可能な数も残りわずかとなっています。

──「スーパーヴェローチェ800 セリエ・オロ」の車体は「F3 800」がベースなのでしょうか?

 はい「F3 800」です。しかしつくりは最新の内容となっています。たとえばアンダーカウルのエアロ部分を見ていただくと、より効率的に空気を取り込むよう形状が変わっています。ほか細部も現代の先進技術を取り込んでおり、1970年代のスタイルと現代の最先端テクノロジーを組み合わせていることは、ホームページ上の説明どおりです。

※ ※ ※

 EICMA2018で「Queen of the Show(ショーの女王)」と称えられた最初の量産モデル「スーパーヴェローチェ800 セリエ・オロ」は、かつて「世界一美しいモーターサイクル」と称された「F4」のように、唯一無二の存在感を放っています。コンセプトから市販化への期待が大きいのもうなずけます。

バイクのニュース編集部

最終更新:6/20(木) 19:40
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事