ここから本文です

持ち帰りできるホテルのアメニティー 便利な3つの活用術でたのしく節約

6/20(木) 13:00配信

マネーの達人

ホテルに宿泊すると持ち帰ってもよいアメニティーがいくつかあります。

でも、持ち帰ったときの活用方法が思い浮かばなければ「ゴミになるかも…」と、ついそのまま置いて帰ってしまいますね。

無料でもらえるホテルアメニティー、上手に使えば節約に直結します。

そこで今回は、ホテルによく置いてあるアメニティーを中心に活用方法を紹介します。

1. シャワーキャップ

靴の裏と裏を合せ、そのままシャワーキャップの中に収納すると、いい感じでゴムがゆるりとしまって持ち運びに便利な状態になります。

靴がある程度しっかりと固定されるので、靴底についた汚れがトゥーやアッパーなど他の部分に付くのを防いでくれます。

この状態でさらにビニール袋に入れれば、完璧です。

キャリーケースに収納するときや、車のトランクに乗せて持ち運びするときにおすすめです。

また、雨や雪の日に、一眼レフカメラのボディやカメラ部分に被せて撮影するという方法もあります。

シャワーキャップが、雨や雪が直接カメラに当たるのを防いでくれます。

2. ボディスポンジ & ボディタオル-

そのままボディスポンジやボディタオルとしても使えますし、食器を洗うのにも使えます。

また、冷蔵庫やお風呂の掃除にも使えるので便利です。

使い切りにするなら、バーベキュー後にで網やトングを洗うのに使ったり、アメニティーがついていない宿泊施設や宿泊プランを選択したときに活用したりしてもよいでしょう。

3. ヘアゴム

長い髪が湯船につからないようにと、ヘアゴムを準備してくれているホテルもあります。

こちらのヘアゴム、手触りがモフモフで、ピンクやグリーンなどポップなカラーのものも多いので、車のダッシュボードやマザーズバッグの中に入れておいてもかわいいです。

子供を抱っこしたり、授乳したりするときにヘアゴムがあると便利ですし、急にラーメンが食べたくなったりしても使えます。

また、カーテンを留めるタッセルの代わりとして使ったり、子供のランドセルに入れておいて水泳の授業のときに使えます。

トラベルケースや化粧ポーチに入れておくのもおすすめです。

ホテルアメニティーを活用して節約

せっかく無料でもらえるホテルアメニティー、節約のためにもぜひ、持ち帰って活用したいものです。

節約にもつながりますので、今回紹介した方法などを参考に、楽しく便利に活用してみてください。(執筆者:山内 良子/エコ・クッキングナビゲーター、豆腐マイスター、CS接客改善指導業務も約10年の実績あり)

最終更新:6/20(木) 13:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事