ここから本文です

ヘンテコなキーボードの世界にようこそ

6/20(木) 20:13配信

ギズモード・ジャパン

オフィスワーカーの方なら、毎日手に触れるもののひとつ、キーボード。あなたは、会社や自宅でどんなキーボードをお使いですか? えっ、そんなの知らないって?

【記事の全画像】ヘンテコなキーボードの世界にようこそ

ちょっとちょっと、そんなことでは米GizmodoのSean Buckleyが黙っていませんよ。彼はキーボードのマニアなんです。それも、ちょっとへんてこな。

あなたが今使っているキーボードは、使いやすくて、快適で、十分に機能的なのでしょうね。しかしあえて言います。そんなものは退屈だと。世の中には、もっとへんてこで、珍妙で、ぜんぜん機能的じゃないキーボードがたくさんあるんです。

僕も、毎日論文を書いていた大学時代にはそんな世界を知りませんでした。しかしある日、キーボードの使いすぎによる手根管症候群で指が動かなくなりそうな自分を見かねて、父が変わったキーボードを持ってきたのです。その時からです、僕の「へんてこキーボード収集癖」がはじまったのは…。

SafeType Ergonomic Keyboard

父が、自分の手首対策に使っていたのがこれ。縦になってるキーボードSafeType keyboardです。これに出会いさえしなければ、僕の奇妙な収集癖もなかったのではないかと思うと、嬉しいような悲しいような。

ご覧のとおり、両端が折れ曲がっています。でかいです。鏡までついています。どうです、正気の沙汰じゃないでしょう?

基本的にはQWERTYキーボードですが、鏡を見てタイピングします。ブラインドタッチができる人には必要ないかもしれませんが。僕はこいつをほとんど毎日(ゲームに)使っていましたが、手首の痛みはなくなったんですよ。嘘みたいに。

まぁ正直に言えば、手首の痛みは関係ないですね。ただ楽しかっただけです。宇宙船を操縦してるような気分になれたし、この複雑な物体を扱っている自分が、なんだかスゴイ人間なんじゃないかって気分になったんです。同僚のみんな、横目でチラチラ見てたことも気づいてたよ。

手首のために使いはじめたはずが、いつの間にか、この奇妙なキーボードを使うことで注目を集めたい、って気持ちになってましたね。

1/3ページ

最終更新:6/20(木) 20:13
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事