ここから本文です

サカナクション山口一郎 6年ぶりのニューアルバム『834.194』への想いを語る

6/20(木) 20:07配信

TOKYO FM+

サカナクションの山口一郎さんが、6月18日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、6月19日(水)リリースのニューアルバム『834.194』について伺いました。

――ニューアルバムを6年ぶりにリリース

とーやま校長:まず、率直に今の気持ちはどうですか?

山口:なんかね、リリースされるのが寂しいんですよ。リリースされると、アルバムって自分のものじゃなくなっちゃう感じがするんですよ。

とーやま校長:買った人のもの?

山口:そう、リスナーのものになっちゃう。だから世に放流されるのがちょっと寂しいな、っていうか、もうちょっと自分のものにしておきたいな、っていう気持ちはちょっとありますよね。

とーやま校長:そうなんだ。でも、みんなはみんなで、このアルバムが自分のものになるわけじゃないですか。その嬉しさとかは?

山口:それもある! でもそれは、リリースされてちょっと経ってきてからですよね。反応がわかってきたり、「この曲が好きです」とか、アルバムの評価がいろんなところから聞こえてきたときに、「ああ、やっぱり作って良かったな」「リリースして良かったな」って思えてくるけど。まだ今日(リリース前日)は僕のものだから! ギリギリね(笑)。

あしざわ教頭:まだ片手繋いでいる、みたいな(笑)。

とーやま校長:実に6年ぶりとなるアルバムがリリースされますが?

山口:6年ぶりですから、正直何から話していいかわからなくなりますよね(笑)。前の『sakanaction』というアルバムを作ったときに……あのアルバムって、当時結果を出した(売れた)んですよ。

とーやま校長:おめでとうございます!

山口:ありがとうございます(笑)。チームで目標を持っていたんです。セールス20万枚、アリーナ(チケット)ソールドアウトって。それが、リリースされたら実際にその通りになって、紅白にも出たんです。それまでは、ティッシュペーパーが重なっているように、少しずつ自分たちの動員とかセールスが上がっていっていたのに、あのアルバムで急にボーンって増えちゃったんですよね。だからバランスを壊してしまって、これを続けていくのはつらいなって。で、「もっと自分たちらしい音楽を作りたい」「自分というものは何なのか」っていうのを考えていかないと続けられないなと思って、「グッドバイ」という曲を作ったんですよね。

とーやま校長:それが、2枚目の1曲目ですよね。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 20:07
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ