ここから本文です

エミリアーノ・サラが亡くなった飛行機事故...容疑者が捕まる!

6/20(木) 16:03配信

SPORT.es

フランスのナントからプレミアリーグのカーディフに移籍したエミリアーノ・サラの死に関する捜査が終わったかのように思われ、事故だと思われていたが、ドーセット州警察の捜査チームは、“容疑者の男性を逮捕した”と発表している。

メッシ、亡きサラや遺族へメッセージ「全ての力をあなた方へ」

ただ、詳細は“ノース・ヨークシャーの64歳の男性”とだけしか発表されていない。

1月に起きたこの事故では、サラに加え、小型機のパイロットを務めていたデビッド・イボットソンも命を落としている。声明では、イギリス当局が両家族に捜査の進捗状況を共有していると説明している。

カーディフに移籍する前、サラは、ナントで21試合13ゴールを記録していた。ナントは、2015年にサラを100万ユーロ(約1億2,000万円)で獲得し、カーディフに1,700万ユーロ(約20億円)で売却していた(両クラブは、未だにカーディフがこの金額を払う義務があるかどうか訴訟を行っている)。

(文:sport)

最終更新:6/20(木) 16:04
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事