ここから本文です

御旅屋セリオめぐり… 川村会頭「協力しようがない」/富山

6/20(木) 21:15配信

チューリップテレビ

 大和高岡店後の御旅屋セリオについて高橋市長は高岡商工会議所の川村会頭と懇談しました。
 しかし、2か月前の懇談から進展はなく川村会頭は「市の具体的な方向性が見えず協力のしようがない」と突き放しました。

 高岡市の高橋市長は狩野市議会議長とともに高岡商工会議所を訪れ、川村人志会頭と非公開で40分近くにわたり懇談しました。
 懇談では、大和撤退後の御旅屋セリオの空きフロアに新たな公的機関の入居を検討するとした市の方針を説明し、経済界への協力を求めたものとみられます。
 懇談が終わり、高橋市長は・・・
「同じ方向で進んでいくことを確認した」(高橋市長)

 Q.期待できる話を得られた?
「これから具体的な話を固めていくので、川村会頭とも十分話を進めていきたい」(高橋市長)

 しかし、川村会頭は…「何に協力すればいいかも分からないうちにね。協力しますとも言えない」(川村会頭)

 川村会頭は「どんな商業施設を入居させたいのかなど具体的な方向性が示されなかったため協力しようがない」と切り捨てました。

 「オフィスビルだったら人が来ないから人が交流できる仕組みにしないと意味がない」
 「プロジェクト作って多方面の人からも色んな意見を聞いて方向性を決めるのはどうですかっていう話はしました」(川村会頭)

 また、大和は御旅屋セリオの1階にサテライトショップを設置する方針を固めました。
 お歳暮・お中元などのギフト商品を中心に、ニーズの高い食品や衣類も取り扱う方向で調整中で「顧客の要望を踏まえ、扱う商品や売り場面積を決めたい」(大和)
 としています。
 現在1階から5階に分かれて入居している既存の専門店12店舗が1階に集約されることになっていてこれで御旅屋セリオの1階部分の店舗構成がおおむね固まりました。
 御旅屋セリオを運営するオタヤ開発・藤田衞治社長は「大和のサテライトショップが入居することで、他のテナントの営業継続の後押しになる」と期待を寄せました。

チューリップテレビ

最終更新:6/20(木) 21:15
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事