ここから本文です

エミリアーノ・サラの飛行機事故に急展開…地元警察が64歳の男を逮捕

6/20(木) 9:15配信

GOAL

エミリアーノ・サラの死去に関与した疑いのある男が逮捕されたことがわかった。

今冬の移籍市場でリーグ・アンのナントからクラブ史上最高額と報じられる移籍金でプレミアリーグのカーディフ・シティに加入することが決まっていたサラ。しかし、フランスからウェールズに向かった1月21日夜、搭乗した小型機が消息を絶ち、捜索により遺体が発見されると2月7日に地元警察が同選手の死亡を発表した。

1人のフットボーラーの命を奪ったこの飛行機事故は単なる偶発的なものではないのではないかとさまざまな疑惑が浮上。サラの友人も「彼はあの飛行機に乗ることを強制された」と証言するなど憶測が広がる中、19日にドーセット警察はノース・ヨークシャーの64歳の男をサラとパイロットへの違法行為による過失致死罪の疑いで逮捕したことを発表。しかし、この男はすでに保釈され、捜査は引き続き行われているようだ。

また、ドーセット警察の捜査チームの関係者は「サラ氏の死に関する大規模な捜査を行った結果、本日、2019年6月19日、過失致死の容疑でノース・ヨークシャーの64歳の男を逮捕した。彼は我々の取り調べに協力し、釈放された」と話し、メディアや大衆に向けて捜査が継続して行われているため変な憶測や個人を特定するような行為を慎むよう要請している。

最終更新:6/28(金) 2:58
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事