ここから本文です

ナポリがハメス・ロドリゲス獲得へ…会長「これはアンチェロッティの希望」

6/20(木) 10:44配信

GOAL

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、ハメス・ロドリゲス獲得に動いていることを認めた。

優勝したユヴェントスと勝ち点11差の2位で今シーズンを終えたナポリ。セリエA8連覇を達成したライバルとの差を埋めるべく、今夏の補強で先日にバイエルン・ミュンヘンのローンが終了し、レアル・マドリーに復帰することが決まったハメスをターゲットの1人にしているようだ。

2017年夏からバイエルンに在籍したハメスは、現在ナポリを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督の下でプレー。同指揮官が9月に解任されたため、数カ月間しかともに仕事ができなかったものの、今夏に再びタッグを組む可能性があるようだ。デ・ラウレンティス会長が『Radio Kiss Kiss』で明かした。

「ハメス・ロドリゲスはアンチェロッティの希望だ。100%彼が必要かは私にはわからないが、彼のタレントは疑いようがない。私はコーチを信じ、支援しなければいけない。彼はとても高いが、コーチが求めているんだ」

その一方で、ハメス獲得が失敗に終わった場合に備えて、ナポリはPSVのイルビング・ロサノもターゲットにする。デ・ラウレンティス会長は「ジョルジュ・メンデスとの交渉が上手くいかなければ、我々はロサノ獲得の可能性を探るためにミーノ・ライオラの下に行くことになる」と2選手のうちどちらかをチームに加えたいと強調している。

最終更新:6/28(金) 2:57
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事