ここから本文です

豪から福島県の魅力発信 パース県人会、総領事館イベントに参加

6/20(木) 13:13配信

福島民友新聞

 オーストラリア西部のパースで活動する県人会「パースふくしまの会」が現地で14日に開かれた在パース日本総領事館主催のイベント「サイクル・アラウンド・ジャパン(自転車で日本一周)」に参加し、本県の観光資源を発信した。
 「今後も積極的にこのような機会に参加し、福島の魅力をパースの人たちに伝え続けていく」。会長のストックトン亜紀子さん(福島市出身)は活動に懸ける熱い思いをこう語った。
 イベント会場となったホテル内に本県の観光名所をPRするブースを設けた。会員は、県提供の観光パンフレットや「赤べこ」キーホルダーを来場者に配りながら、本県への来訪を呼び掛けた。
 同会によると、訪れた人からは「いつごろが福島の観光に一番いい季節か」「福島では何を楽しめるのか」などと質問があり、会員が本県の魅力を説明した。
 全日空(ANA)は成田―パース直行便を9月に定期運航する。ストックトンさんは「福島とパースの観光交流が活発になってほしい。パースで聞いた生の声を県側に伝え、観光客の期待に応える旅先になるようお手伝いをしたい」と話し、交流促進へ橋渡し役に努める考えを示した。

最終更新:6/20(木) 13:13
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事