ここから本文です

「夫婦なのに上下関係を感じる…」それってモラハラかも?体験談をチェック!

6/20(木) 18:00配信

LIMO

あまり気を遣わない家族なら、ついキツい言葉を投げかけてしまうこともあるでしょう。しかし、「これぐらいなら大丈夫だろう」「本当のことだから」と思って告げた言葉に、相手は深く傷ついているかもしれません。

このような心に対する暴力は、モラハラに当てはまる可能性があります。「モラハラってなに?」「私も夫からモラハラを受けているかも」という方は、ぜひモラハラについて学んでおきましょう。

モラハラについて知っておきたいこと

相手に人格や能力、容姿を否定された経験はありませんか? たとえ受け取った側が「本当のことだ」と感じていても、精神的なダメージを負っていること自体が問題なのです。

また、モラハラを受けた人は思考や言動にブレーキをかけられてしまう傾向があります。自分の価値を否定され続けていると、だんだん自己嫌悪に陥ってしまうことも。たった一言がきっかけで、長期にわたってダメージを受け続けるケースも珍しくありません。

たとえ仕事の疲れによる憂さ晴らしだったとしても、モラハラであることは事実。どんな事情があったとしても、モラハラにはしっかり向き合う必要があるのです。

モラハラの体験談を聞いてよう

ひとことで「モラハラ」といっても、その内容はさまざま。実際にモラハラを受けた方に、そのときの様子を詳しく聞いてみましょう。

・「2人の子どもを育てながら、なんとかパートで働いています。しかし、働ける時間は思うように確保できないのが現状。それなのに、夫から『お前の収入はいくらなんだよ』とため息をつきながら聞かれ続けています。

ちょっと気に入らないことがあると、すぐに収入の話を出しているところにもうんざり。『俺のほうが上なんだぞ』『俺ほど稼いでないくせに手を抜くな』なんて言われることもありました」

「ささいなことも全て夫に報告するよう決められています。たとえば、『これから息子と近所の公園に行ってくる』『さっき帰ってきました』など。連絡をしないまま外出すると、『母親が尋ねたのに留守だったそうだぞ。どこに行っていたんだ!』と大騒ぎになったこともありました。

そのほか、男友達から連絡が来ただけで電話番号を変更させられたり、伝えていた帰宅時間を過ぎていたら着信の嵐になっていたり…。『お前のためだ』『心配だから』と言われていますが、人間関係にも影響が出て困っています」

そもそも、夫婦において上下関係なんて存在しないはず。にもかかわらず、収入などを理由にして「俺が上だ」と決めつけるなんておかしいですよね。普段から上から目線の発言がみられるようなら、モラハラを疑ったほうがいいかもしれません。

1/2ページ

最終更新:6/20(木) 18:00
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事