ここから本文です

『ダークソウル』の「深淵歩きアルトリウス」の実物大を謳う74センチの巨大胸像が6月22日より予約スタート。アルトリウスのソウルがLEDで光る限定版も用意

6/20(木) 12:56配信

電ファミニコゲーマー

 First 4 Figuresは、『ダークソウル』より「深淵歩きアルトリウス」の胸像の予約受付を、6月22日より開始することを発表した。価格は675ドル。予約は7月19日に終了。発送は2020年第3四半期を予定している。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 実物大を謳う同胸像のサイズは高さ74センチ、幅56センチ、総重量18.6キログラム。トレイラーだけでなく、圧倒的な存在感が垣間見える紹介動画も公開されている。なお高さ40センチの小型胸像も同時に発表されており、こちらは275ドルとなっている。

 胸像ではアルトリウスの特徴的な兜飾りや鎧の彫刻、布の質感が再現されている。どちらのサイズにも通常版と限定版が用意されており、限定版はLEDが内蔵されアルトリウスのソウルが光るという。通常版、限定版ともに台座は手動で回転するターンテーブルだ。

 深淵歩きアルトリウスは『ダークソウル』のDLCに「騎士アルトリウス」として登場するキャラクターだ。もともとはグウェン王に仕える四騎士のひとりで高潔な人物だったようだが、ゲームでは深淵の力に飲み込まれており、大剣を軽々と振り回す手強いボスとしてプレイヤーの前に立ちはだかる。

 First 4 Figuresは、以前から『ダークソウル』関連の商品を発表しており、アルトリウスは50cmの全身像やSDサイズのフィギュアが発売される人気のキャラクターだ。すでに終売となった全身像のフィギュアはできが良く、手に入れられずに悔しい思いをした方もいるかも知れない。7万円以上する74センチのフィギュアを輸入するハードルは高いが、このフィギュアで部屋を深淵に沈めてみてはいかがだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター古嶋 誉幸一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros

電ファミニコゲーマー:古嶋 誉幸

最終更新:6/20(木) 12:56
電ファミニコゲーマー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事