ここから本文です

ニュルブルクリンク24時間がいよいよ6月20日開幕。TOYOTA GAZOO RacingのGRスープラには“モリゾウ”の参加も決定

6/20(木) 2:52配信

オートスポーツweb

 いよいよ6月20日から、2019年のADAC・トタル24時間レース=ニュルブルクリンク24時間レースが、ドイツのニュルブルクリンクで開催される。今季は多くの日本チーム、日本人ドライバーが参戦するが、すでに多くがサーキット入りし、20日の走行開始に備えている。

【『Supra is Back』のTシャツを着て写真に収まるTGRのドライバーたち】

 例年さまざまなカテゴリーの多くのレーシングカーが集うニュルブルクリンク24時間は、今季は6月20~23日の開催。今季も最高峰のSP9クラスは、ディフェンディングチャンピオンのマンタイ・レーシングのポルシェ911 GT3 Rを中心に、メルセデスAMG、アウディ、BMWなど強豪が覇を競うことになるが、ここに2台の日本車が挑戦する。

 トム・コロネル/松田次生/藤井誠暢/高星明誠という4人が駆るKONDO RacingのニッサンGT-RニスモGT3、そして吉本大樹/ドミニク・ファーンバッハー/マルコ・シーフリード/ミハエル・ティシュナーの4人が駆るレーシングプロジェクトバンドウ×NOVEL RacingのレクサスRC F GT3の2台は、すでにVLNや予選レースを戦っており、ニュルへの習熟を進めている。

 2台が履くヨコハマタイヤは、ドライでは非常にポテンシャルが高いようで期待を集めている。例年総合優勝争いはドイツ車が中心で、そこにフェラーリやランボルギーニ、アストンマーティンなどが絡むレースだが、ここにGT-RとRC Fが加わることを大いに期待したい。

 そして、例年ニュルに市販車の開発を兼ねて参戦し続けているTOYOTA GAZOO Racing、そしてスバル/STIもしっかりと準備を整えているが、TOYOTA GAZOO Racingは土屋武士/蒲生尚弥/松井孝充/中山雄一組のレクサスLCに加えて、GRスープラの90号車には、佐々木雅弘らに加え、ドライバー“モリゾウ”が急遽加わった。

「ニュルブルクリンクと五大陸走破プロジェクトは、私が社長に就任してから取り組んでいることですが、クルマを痛めつけ、“もっといいクルマ作るため”に活かすものです。そのために必要なのはハードだけでなく、ソフトの面。どれだけ人を育てられるかなんです。道からクルマ作りにフィードバックできる人が何人いるかが、私が、成瀬(弘)さんに約束したことなので、そんな気持ちで走りたいと思います」とドライバー“モリゾウ”はニュル24時間参戦に向けて意気込んだ。

「このGRスープラは、以前迷彩カラーのときに乗りましたが、この仕様になってからは初めて乗ります。本来(エントリーしていた)矢吹久たちが乗るところですが、今回、スーパー耐久に一緒に参戦している佐々木雅弘選手を“講師”として、このニュルブルクリンクでどういう『学び』を得られるかというところですね」

 現在のところ、走行初日の6月20日には雨の予報が出ているが、決勝日の6月22~23日は晴れ予報。毎年過酷なコースと天候が牙をむくニュルブルクリンク24時間だが、いったいどんなレースになるのか、そして日本勢がどんな活躍をみせてくれるのか、楽しみにしたいところだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6/24(月) 17:08
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事