ここから本文です

【ネイチャーバレー・クラシック】大坂なおみストレート負け 世界ランク1位危うし

6/21(金) 0:19配信

東スポWeb

【英国・バーミンガム20日発】女子テニスのネイチャーバレー・クラシックのシングルス2回戦で、世界ランキング1位の大坂なおみ(21=日清食品)は同43位ユリア・プティンツェワ(24=カザフスタン)に2―6、3―6のストレートで敗れた。

 決して得意とは言えない芝コート。第1セット第2ゲームでも、ラリー戦でミスを連発して先にブレークを許した。第3ゲームが終わると、早々とジェーメーン・ジェンキンス・コーチ(34)が駆け寄りアドバイスを送ったが、第4ゲームもサーブを破られた。1?5から第7ゲームをブレークしたものの、第8ゲームもブレークされてあっさりこのセットを落とした。

 第2セットは第2ゲームでブレークされたが、第3ゲームでようやく相手のサーブを破った。しかしストロークのミスの多さは改善できず第6、8ゲームを落として、あっけなく2回戦敗退となった。

 ここまで維持してきた世界ランク1位の座も、2位で先の全仏オープンを制したアシュリー・バーティ(23=オーストラリア)に約200ポイント差で迫られている。今大会のバーティの結果次第では1位陥落が現実のものとなるだけに、痛い敗戦となった。

最終更新:6/21(金) 8:49
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ