ここから本文です

きょうから改修記念公演 黒部・前沢ガーデン野外ステージ

6/21(金) 11:59配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 第9回シアター・オリンピックスの会場となる黒部市の前沢ガーデン野外ステージの改修工事が終わり、完成記念公演「ディオニュソス」が21、22の両日上演される。20日は稽古が報道陣に公開され、演出を手掛ける鈴木忠志さん(劇団SCOT主宰)が見守る中、出演者が本番さながらの熱演を披露した。

 シアター・オリンピックスは世界の演劇人が集う舞台芸術の祭典で、今回は日本とロシアの共同開催。日本では8~9月に南砺市利賀地域と黒部市で開かれ、鈴木さんが日本側の芸術監督を務める。

 前沢ガーデン野外ステージは1989年に建設された客席300の円形劇場。シアター・オリンピックスの開催決定を受け、昨年9月に改修工事が始まった。老朽化した手すりや床板を直し、照明器具を取り付けるポールも設置するなど、舞台が上演しやすいように整備した。来場者のための屋外休憩施設「白花亭(はっかてい)」も設けた。稽古は日が暮れてから公開された。暗がりの中、出演者は実際に演じながら、せりふ回しや立ち位置などを確認した。鈴木さんは「野外での舞台の素晴らしさを再認識してほしい」と語った。

 21日は招待者向けの公演を行う。22日の一般公演のチケットは完売している。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事