ここから本文です

脱スロースターター? 2位好発進の藤田光里「明日も初日のつもりでプレーしたい」

6/21(金) 18:34配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ユピテル・静岡新聞SBSレディース 初日◇21日◇静岡カントリー 浜岡コース(静岡県)◇6424ヤード・パー72>

ホールアウト後にゴキゲンな光里さん【LIVEフォト】

今季のレギュラーツアー「フジサンケイレディス」で5位タイに入るなど、ケガからの復活に向け歩みを進める藤田光里。今週はステップ・アップ・ツアーに出場し、初日に6バーディ・2ボギーの「68」で回り、首位と1打差の4アンダー・2位タイと好発進した。

「スロースターターで、いつもパットが入ってくれないんですが…」という不安などどこ吹く風。この日の藤田は、グリーン上で次々とボールをカップに沈めていった。この日のパット数は「27」で、「26」をマークした4人に次ぐ全体5位タイ。「きょうはパーパットも入ってくれて、流れを維持できました」。不要なスコアロスを重ねず、この順位につなげた。

今季は推薦などでレギュラーにも参戦するが、自身のなかでは「ステップ・アップ・ツアーが主戦場」と位置付ける一年。昨年1月に手術した左ひじも徐々に回復し、練習のピッチも上がっている。2015年にツアー初優勝を挙げ、今年も上位争いをしたフジサンケイレディスの会場でも、「今できることをやるだけ。優勝や結果のことは考えてはいませんでした」と話していたように、無欲で目の前のラウンドに臨む日々を送っている。

この日は最終18番をバーディで締め、首位と1打差に迫りホールアウト。だがこの結果にも、「ティショットが難しいホールが多く、18番も苦手。セカンドショットもうまく打ててバーディが獲れました」と慢心はない。「明日も焦ることなく、初日のつもりでプレーしたい」。2日目も、集中した一打をコツコツと積み重ねていく。

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:6/21(金) 18:34
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事