ここから本文です

山下健太、富士24時間での怪我の影響はなし「もう大丈夫です」|スーパーフォーミュラ第3戦SUGO

6/21(金) 22:21配信

motorsport.com 日本版

 今週末開催される2019スーパーフォーミュラ第3戦SUGOに参戦する山下健太(KONDO RACING)は、今月初旬に行われた富士24時間レースでのクラッシュの影響はほとんどないと語った。

 山下は5月31日~6月2日に行われたスーパー耐久第3戦「SUPER TEC 富士24時間レース」に出場したが、その決勝レース序盤でマシントラブルに見舞われTGRコーナーのタイヤバリヤに激突するアクシデントに見舞われた。

 その際に首を痛めてしまった山下は、コルセットを首に装着して療養していたが、今週末のSUGOには再び元気な姿を披露。「もう大丈夫です!」と開口一番に語った。

「2週間くらいアレ(コルセット)をつけていなきゃいけなかったですし、最初はアレがないと逆に首が疲れちゃうような状況でした」

「クラッシュ以降も基本的に(レーシングカーに)乗っていないですし、十分に体も動かしていないんですけど、ここは頑張るしかないなと思っています」

 先週はル・マン24時間レースにも見学に行き、新たな刺激を受けてきたという山下。心機一転で臨む今週末のSUGOラウンドでは、波乱の展開になると予想し、その中で正しい判断を常にしていきたいと語った。

「シーズンオフのテストから比べると、勢いがなくなったなぁという感じです。でも、何かがうまく噛み合えば、それなりにうまくいくと思います」

「オートポリスでも天候に惑わされた感じがありましたし、今回もけっこう荒れそうです。(各シチュエーションでの)判断をできるだけ誤らないようにして、無難に結果を残していきたいですね」

「多分、普通にいけば鈴鹿くらいのレース(決勝3位)はできると思っているので、あとは変なことをしないようにしたいです」

吉田知弘

最終更新:6/21(金) 22:21
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事