ここから本文です

【RISE】全試合順決定、メインは紅絹vs那須川梨々の王座決定戦

6/21(金) 18:35配信

イーファイト

 7月5日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE133』の全対戦カードと試合順が決定した。

【フォト】兄の那須川天心とマススパーを行う梨々

 メインイベントは元J-GIRLSミニフライ級王者・紅絹(もみ・34=NEXT LEVEL渋谷)vs那須川梨々(16=TEAM TEPPEN)のRISE QUEENアトム級王座トーナメント決勝戦に決定した。この一戦の勝者がRISE QUEENアトム級のベルトを巻くことになる。

 紅絹は2016年10月プロデビューで50戦を超えるキャリアを持つ大ベテラン。2012年11月にJ-GIRLSミニフライ級王座を奪取、2016年4月には第2代Krush女子王座に挑戦するなど豊富なキャリアを誇る。対する那須川はジュニアキックボクシングで数々のタイトルを獲得。2018年6月にRISEでプロデビューしNJKFミネルヴァ・アトム級2位の佐藤レイナを判定で撃破、2戦目でNJKFミネルヴァ日本アトム級王者・百花(26=魁塾)に判定負けを喫するが、本王座決定トーナメント1回戦で平岡琴(28=TRY HARD GYM)に勝利し、初の王座獲得に王手をかけた。

 セミファイナルは第4代RISEミドル級王座決定戦。同級1位のイ・ソンヒョン(韓国/RAON/第2代RISEライト級王者)と同級2位の松倉信太郎(TRY HARD GYM)が王座を争う。

ソンヒョンは現RISEスーパーフェザー級王者のチャンヒョン・リーと同門であり、RISE三階級制覇の裕樹、シュートボクシング世界王者の鈴木博昭、HOOST CUP王者の麻原将平を撃破した実績がある。対する松倉もK-1・Krushを主戦場にキャリアを重ねてきたベテラン。2018年6月にソンヒョンに判定負けを喫しており、今回が王座獲得とリベンジ達成の2つを懸ける。

 第1試合にはTEPPEN GYM移籍後初試合となった前口太尊(32=TEAM TEPPEN)がRISEランカー・直樹(BRING IT ONパラエストラAKK)との一戦が決定。気迫あふれるファイトが身上の両者による激しい戦いが、大会の火付け役として期待される。

最終更新:6/22(土) 2:19
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ