ここから本文です

アップル、適用除外要請 アイフォーンへの関税

6/21(金) 7:49配信

共同通信

 【ニューヨーク共同】米アップルは20日までに、トランプ政権が発動を検討している中国からの輸入品を対象とする制裁関税第4弾について、対象にスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」など主力製品が含まれているとして、適用対象から除外するよう米政府に要請した。

 アップルが17日付で米通商代表部(USTR)に宛てた文書で明らかになった。制裁関税の対象には、アイフォーンのほか、タブレット端末「iPad(アイパッド)」やパソコン「Mac(マック)」なども含まれる。アップルは主力製品の多くを中国で生産し、米国に輸入している。

最終更新:6/21(金) 7:49
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事