ここから本文です

手頃な価格の超小型PC「MiniBook」がクラウドファンディング開始

6/21(金) 14:59配信

ITmedia PC USER

 中国CHUWIが、製品投入を予告していた8型の超小型2in1 PC「MiniBook」。6月19日、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」に登場した。最小の出資金額はCeleron N4100モデルが429ドル~、Core m3-8100Yモデルが530ドル~だ。

【写真】拡張用のM.2スロット

より低価格で超小型ノートPCが入手可能

 7型クラスの液晶ディスプレイを搭載した超小型PCは、GPD「GPD Pocket2」や「MicroPC」、One-Netbook Technologyの「OneMix」シリーズなど複数のモデルが発売され、注目を集めている。

 このMiniBookは、10点マルチタッチと1920×1200ピクセル表示に対応した8型液晶ディスプレイを備えており、One-Netbook Technologyの「OneMix3」シリーズと似たスペックを持つ。

 具体的には、CPUに2コア4スレッドのCore m3-8100Y(1.1GHz~3.4GHz)を搭載した上位モデルと、4コア4スレッドで動作するCeleron N4100(1.1GHz~2.4GHz)の下位モデルが用意される。

 メモリは8GB、ストレージは128GB eMMCを採用し、底面に拡張用のM.2スロット(2242)を装備(CeleronモデルはSATA、Core mモデルはNVMe)している。

 キーボードは主要キーで約19mmピッチを確保し、キーボードバックライト機能も備える。光学式のポインティングデバイスに加え、電源ボタンを兼ねた指紋認証センサーも装備する。通常は英字印刷だが、追加出資で「Japanese Keyboard Version」に変更することも可能だ。

 インタフェースは、USB Type-C、USB Type-A(USB 3.0×1、USB 2.0×1)、microSDカードスロット、Mini HDMI出力、3.5mmのマイク端子が両側面に並ぶ。無線機能はIEEE802.11bgn、ac対応、Bluetooth 4.0で、液晶ディスプレイに200万画素のWebカメラを装備する。

 ボディーサイズは201(幅)×128.6(奥行き)×19.3mm(厚さ)、重量は約660gで、26.6Whのリチウムポリマーバッテリーを内蔵(USB PD対応)している。

 256GBのSSDや2560×1600ピクセル表示の液晶ディスプレイといったスペック面はOneMix3シリーズが上回るが、MiniBookは価格が上位モデルでも530ドル~と安価(国内での保証の有無など異なるが)だ。

 製品の出荷は9月の予定だが、本稿執筆時点で既に出資額は目標の900%オーバーとなっており、ストレッチゴールも期待される。なお、MiniBookのレビューについては後日掲載予定だ。

ITmedia PC USER

最終更新:6/21(金) 14:59
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ