ここから本文です

ロッテ ポスター登場の「ツバメ型ロボット」は身長30メートル

6/21(金) 17:50配信

デイリースポーツ

 ロッテは21日、ヤクルト戦の交流戦ポスターに登場する「ツバメ型ロボット」の詳細を発表した。

【写真】DeNA戦で登場したロボット 亜空間移動可能との説も

 ※名称 ツバメロボ(AI非搭載)

 ※身長・30メートル、体重・30トン

 ※装甲 炭素鋼

 ※動力 ディーゼルエンジン

 ロッテが開発した12球団最強ロボット・マジワランとの最終決戦に備えて、作り上げられた機体。16年に製作された前機に傘型パラボラアンテナを搭載。リニューアルした後継機となっており雨にはめっぽう強い。

 全ロボット中、唯一、遠隔操作が可能な機体で、神宮球場周辺から太ったツバメらしき生命体が操縦しているという。

最終更新:6/21(金) 17:54
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/16(火) 16:15

あなたにおすすめの記事