ここから本文です

田辺舞台の青春映画公開 ジストで「あいが、そいで、こい」

6/21(金) 16:55配信

紀伊民報

 和歌山県田辺市を舞台に撮影された青春映画「あいが、そいで、こい」が28日から、同市稲成町の映画館「ジストシネマ田辺」で公開される。29、30の両日には柴田啓佑監督の舞台あいさつがある。

 「あいが―」は、2014年の田辺・弁慶映画祭でグランプリを受賞した柴田監督がメガホンを取った長編作品。海辺の町で暮らす男子高校生が、イルカの調教師を夢見て台湾から留学してきたヒロインと出会うストーリー。昨夏、同市の扇ケ浜海水浴場などで撮影し、11月の弁慶映画祭で上映された。

 舞台あいさつは、29日が午後3時からの上映後と6時半の上映前。30日は午前9時45分からの上映後。柴田監督と出演者の長部努さんが登壇する。

 公開期間は、7月11日までの予定。料金は当日が一般1800円、学生1500円、3歳~中学生千円、60歳以上1100円。

 前売り券は一律1500円。市観光振興課内の田辺・弁慶映画祭事務局で販売している。問い合わせは、同事務局(0739・26・9929)へ。

紀伊民報

最終更新:6/21(金) 16:55
紀伊民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事