ここから本文です

当たる?外れる? 2019年5月の天気の予報精度を予報士が評価

6/21(金) 14:24配信

ウェザーニュース

 2019年5月は北海道で39.5℃を観測するなど季節外れの猛暑となり、気象にも関心が集まった月となりました。

 我々ウェザーニュースでは、精度の高い天気予報を提供することを使命と考え、日々予報精度の改善に取り組んでいます。
 2019年5月の精度実績を、ウェザーニュース予報精度改善チームの気象予報士 宇野沢が解説します。

5月の予報精度は“90%”

 実はさまざまなアプリやサイトによって、同じ日の同じ場所でも天気予報が違います。1995年の「天気予報の自由化」以降、予報を出す会社が独自に、天気や気温の予想を出すことができるようになりました。

 そんな中、2019年5月のウェザーニュースの予報精度は、90%となりました。2019年1月~5月を合わせた数字では92%となっています。

 ※ここで扱う予報精度は、気象庁の評価方法に準拠した「降水捕捉率」を指しており、朝5時に発表された当日の天気マークを対象としています。
 対象地点はアメダス1300箇所で、1日の積算降水量が1mm以上となった場合を「降水あり」としています。

 また、気象庁も同様に、発表した予報に対して評価を行っており、ホームページ上で一般に公開しています。

“当たる”天気予報を作るには

 予報精度を向上させる(当たる天気予報にする)には、今の状況がどうなっているのかを正しく把握することが非常に重要です。

 現在の天気予報は、気象予測モデル(数値予報モデル)と呼ばれる、コンピューターによるシミュレーションの結果をもとに行っています。
 このシミュレーション結果を計算する際に、今の状況が外れていると、正確な天気予報が作られる確率が低くなってしまいます。

 ウェザーニュースは、気象庁が設置しているアメダス観測網をはるかにしのぐ数の独自観測網を構築しました。
 高性能センサーを搭載した独自観測機・ライブカメラ・会員から集まる天気報告などがそれにあたります。

 それにより、今の状況をより正確により緻密に把握することが可能になり、より正確な天気予報を導くことができているのです。

1/2ページ

最終更新:6/21(金) 14:24
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事