ここから本文です

JAL新型機「エアバスA350-900」機内初公開! モニター、広い席、PCのようなコクピット

6/21(金) 6:05配信

乗りものニュース

いまのボーイング777-200型機と比べると…?

 JAL(日本航空)が日本の航空会社で初めて導入するエアバスA350-900型機の初号機(機番:JA01XJ)機内が2019年6月20日(木)、羽田空港のJAL格納庫(M2ビル)で初公開されました。A350-900型機は、エアバスの最新鋭旅客機「A350 XWB」シリーズのひとつです。

【写真特集】JALのエアバスA350-900型機お披露目会&機内の様子!

 国内線仕様ながら、全座席に個人モニター、電源コンセント、USBポートを用意。個人モニターでは、垂直尾翼などについた機外カメラの映像も見ることができるほか、国内線は飛行時間が短いため、ビデオプログラムの視聴途中に飛行機を降りたとしても、中断時に発行された8桁の番号を次回搭乗時に打ち込むことで、その続きから再開できる機能を付けたといいます。

 客室は全369席で、ファーストクラス(12席)は横2-2-2列、クラスJ(94席)は2-4-2列、普通席(263席)は3-3-3列の配置が基本の3クラス構成です。JALによるとA350 XWBシリーズは、ボーイング777シリーズの後継機種として導入するとのこと。

 JAL国内線に就航中で、A350-900型機と同程度の輸送力を持つボーイング777シリーズは、ボーイング777-200型機(全375席)です。2つの機種を比べると、座席の横配置はファーストとクラスJはほぼ同じなものの、ボーイング777-200型機の普通席は3-4-3列。A350-900型機の普通席は横1列少なく、各席の幅が1.5cm広くなっています。またA350-900型機は機体断面が楕円形になっているため、客室両端の壁のカーブが緩やかで、圧迫感を感じにくいデザインとのこと。

 上位クラスの座席も新たに開発。ファーストクラスはマッサージ機能を搭載しており、日本では初の試みだそうです。モニターは国内線最大級の15.6インチ。ジャムコ(東京都立川市)と共同で開発し、ソファーのような座り心地を目指したそうです。クラスJも、フットレストを好きな位置にセットできるよう改良したといいます。

1/2ページ

最終更新:6/21(金) 17:34
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事