ここから本文です

デル=ポトロの右膝蓋骨が骨折、医師は「手術必要」<男子テニス>

6/21(金) 0:24配信

tennis365.net

フアン・マルティン・デル=ポトロ

男子プロテニス協会のATPは20日に公式サイトで、世界ランク12位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)の右膝蓋骨が骨折したと明かした。

【デルポ「世界が崩壊した」】

ATPのツイッターには、ギプスで右膝を固定し松葉杖をついているデル=ポトロの写真が載せられている。

また「検査の結果、ファン・マルティン・デル=ポトロは再び右膝蓋骨の骨折が判明した。彼(デル=ポトロ)のドクターであるA・コトロと話し合い、手術が必要ということになった。この数日に行われることになるだろうが、日時と場所は今後決定される」とデル=ポトロのチームの声明が掲載されている。

前日の1回戦では芝に足を滑らせる中で勝利するも、世界ランク113位のF・ロペス(スペイン)との2回戦を棄権していた。

昨年10月の上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)で右膝を負傷したデル=ポトロは、今年2月のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)で復帰。その後は同箇所の治療でツアーから離れていたが、クレーシーズンで再び公式戦に臨んでいた。

最終更新:6/21(金) 0:27
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事